コメントは受け付けていません。

comment for 研修会





 
カエルをクリックすると投稿できます。

お疲れさま

研修会お疲れさまでした。
ヨーロッパの犬先進国の事情、確かにすばらしいと・・・v-222
たくさんの人に日本の現状を知ってもらいたいし、わが身を削ってでも保護活動をしていらっしゃる方がいることも知っていただきたいと思います。
私も微力ながら応援させてください。

2011/02/14 21:46 | edit
posted by 蓮ママ

★蓮ママさん★

どこが微力ですか!!!
蓮ママさんの頑張りで幸せになっている子たちが居るじゃありませんか^^
いつも、いつも、本当にありがとうございます♪
感謝してますm(_ _)m今後ともよろしくです!
2011/02/15 22:05 | edit
posted by 百花音楽母
トラックバックは受け付けていません。

トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告  comment : × track back : ×

研修会

先日、所用あって東京都動物愛護相談センターまで行って来ました。

「平成22年度 譲渡対象団体研修会」に参加するために。

講演内容は、「ドイツ・イギリスのシェルター事情」
社団法人日本動物福祉協会教育委員会の対馬 美香子先生の講演です。

以前から海外と日本では、犬に対しての捉え方が違うなぁ~とは思っていましたが・・・
講師の先生が、実際にドイツ・イギリス・ハワイのシェルターを訪問した際の画像を見せていただきました。

あまりの違いに「・・・・・・」

先生は、愛護センターの事をシェルターと捉えてお話をして下さいましたが・・・・
あまりの違いにとても同じシェルターとしての役割を持っているとは思えませんでした。

国内の愛護センター・保健所などの多くの施設が収容から1週間で期限を向かえ、殺処分となってしまいます。
飼い主による持ち込みでは、収容期間も無いまま殺処分になる可能性もあります。
自治体によっては、ボランティア団体への譲渡を許可していない自治体もあります。

法改正が進み、ペットを飼う人間のモラルも向上し、繁殖業者の規制も出来て、
いつか日本にも海外と同じ役割を担えるシェルターが誕生する日が来るのかな???
早くそんな日が来ると良いな・・・。

それまでは、様々な団体がどうにか頑張っていくしかないんだろうな・・・・。

日本全国に、限られた資金・人・場所で必死にレスキューを続ける団体があります。

活動の仕方も千差万別!支援の仕方も千差万別!

思いもよらない事が支援につながる事もあります。

様々な物資を必要としている団体もあります。




私でも少しだけお手伝いできる事があります。


あなたも何か出来る事を探してみませんか???
あなたの気持ちと行動が、大切な家族の仲間を助ける手助けになります。




ちなみに・・・・・
私が少しだけお手伝いさせていただいているWonderful Dogsの代表のブログでもこんな叫びが・・・・

『おおおおねねねねねねがががががががいいいいいぃぃ~ 』



みなさま、ご支援・ご協力よろしくお願いいたしますm(_ _)m











スポンサーサイト
category : 日記  comment : 2  track back : 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。